スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局  at 

2014年09月09日

アンチ上から目線

「認められる」って言うのは気持ちがいいものだ。
ただ、勘違いされたくないのは
「認めてやる」って言われて「認められる」モノには興味が無い。
むしろ「バカにしてんのかテメェは?」ってなる。
「すごい!」と褒めてもらえるのは純粋に嬉しい。
その純粋さが故に「褒めてやるよ」と言われると
自分の中にある「黒い部分」が攻撃性を帯びて来るのだ。

結局「上から目線」と言うものが好きではない。
誰だってそうだろうけど、世の中には
「自分以外は全て下郎」という
皇帝サウザーの発言をそのまま地で行く人間がいる。
そういう人間には近づきたくないものである。

しかし、仕事ではそうも行かず。
所得の多さか地位の高さか、単純な年齢の高さにおいても
何か上位に感じるものがあるんだろう。
技師なんてみんなそうじゃない。
金持ちのボンボンと同じような育てられかたされると
大きな大人でも、そんな風に成長していく。

「尊敬され合う」と言うのが理想の関係だ。
出来ることなら、そういう人たちだけで関係を閉じてしまいたい。
僕が閉じきった人間だった時、人間関係を選別していた時は
友達が少ない割に,慕ってくれる人は多かったように思う。
しかし、仕事を始めて7年がたとうとしているけど
それだけでは行かなくなった。
いろんな人と交わる。

「自分に力がある」と分かってきてから、
いろんな人がよって来るようになった。
自分の自信が閉じていた心を広げたのは良いが、
気に入らない人間とも交わる必要性が出てきた。
もちろん人間生活において仕方が無いことである。
とはいえ、耐えられないこともよくある。

その原因は、昔から僕に存在する「ある独占欲」だと気が付いたのは最近だ。
変形していて、それが「独占欲から来ている」と言うことは分からなかった。
昔の考え方がまた戻ってきたってことは、
再び閉じようとしていることの現れである。

いづれにせよ尊敬の念が無い人間とは、関わりたくても
ずっとは続かないだろうな。
技師とは一生分かりあえないと思う。  


Posted by ナンパオ  at 19:22

2014年09月06日

地球の裏側に住んでる人達に「ひじきの煮物」を作ってみせたい

こんばんは、たかすです。
前回の日記で、世界を周って、和食をつくる旅に出るプロジェクト。その名も「サムライシェフ・バックパッカープロジェクト」

現在、どんなルートで世界を巡るか、思考・企画中なんですが、同時に何を作ろうかも色々考えを巡らせています。

醤油などのや調味料はもちろんの事、重量の軽い「乾物」を中心に持って行こうと思っています。
とりあえず外せないのは、「ヒジキ」「切り干し大根」ですね

地球の裏側に住んでいる、コロンビア人(ワールドカップでコテンパにされた国として記憶に新しい・・・)や牛肉ばっか食べてるイメージのアルゼンチン人に

「ヒジキの煮物」

を作って出すとどんな反応をするか、気になりませんか?
僕はメッチャ気になります

「切り干し大根の煮物」

を麺だと思わせておいて、野菜だと気づいた時のリアクションを想像するとたまりません

他に今のところレシピとして考えているのは

豚の生姜焼き
現地で仕入れた魚を使っての煮魚
親子丼
牛丼
照り焼きチキン
肉じゃが
出し巻き卵
高野豆腐(絶対「スポンジ」だと思われるだろな
などなど・・・

どれも日本ではポピュラー。
でも、きっと海外に住んでるほとんどの人は食べたことないような料理を作って回ろうって思ってます。

どうやって調味料や食材を持ち歩こうか、現地調達をどうやって行おうか、など色々考え中です。
まぁ、その過程も楽しいんですが^^

その前に、フィリピンで英語勉強して、時間があればスペイン語も多少会得しておきたいところです。
出発まであと1ヶ月程、いろいろ準備も忙しくなってきました。


何か外国人に食べさせてみたい料理など、良いアイディアあれば是非教えて下さい
  


Posted by ナンパオ  at 16:09

2014年09月04日

人間の迷子…

本日はオトンが診察だつーんで朝から急ぎで洗濯2回。旦那が床で転がってる(邪魔過ぎる)のを踏みつけてやろうかと思いながらもダッシュで実家。

実家行くまでの途中でスポーツドリンク買っちゃったよ(汗)実家に着いたら汗ダラダラ。あぁ…やっぱり夏は好きじゃない。やっぱり嫌いだぃ。

行きはオカンが車で放り込んでくれたので楽チン。帰りは…地獄w何故か親子二人で徒歩で帰宅。バカじゃないだろか…。オトンは暑い方が元気だから平気なんだとさ。私は溶けたw

実家で散々ゴロゴロ・ダラダラ・グダグダ。オカンに蹴り飛ばされてスーパーで買い物して~。汗まみれになりながらヒーヒー歩いてましたよ。

小学1年生くらいの男の子が目の前をトボトボ歩く。親おらんの???とは思ったけど人様のご家庭の事なのでサックリ無視。途中で地域の掲示板見てたらその男の子に話しかけるおばさまが1名。あぁお知り合いなのかしらね~。

が。
途中でこの男の子を抜かした所で男の子泣き出す。基本的にイヤホンで音楽聞いてるから解らん事多いんだが。偶然視界に泣き顔が目に入る。

私ね。子ども苦手なんだよ。扱いが解らん。泣いてる子はもっと苦手。言語が通じんのだもの…。ここに捨て置く訳にもいかんかと思いながらも買い物袋の中身の心配してたのも私だよっ。

ちっさい公園が横にある場所だったので取りあえず話しを聞いてみる。
・ばあちゃんの家に行く
・遅くなったら入れない

必死で泣く子を宥める私の後ろを若い女の子が通り過ぎる。笑いながら。
笑ってるくらいなら変わってくれ~~~と口から出そうになったわ…。

遅くなったら入れないってそんな訳あるかぃ。ばあちゃんの家は解ってる。仕方ないんでそのばあちゃんの家まで送りましょうか…。日も暮れましたし。
遅くなったら入れない=叱られて家に入れてもらえないとでも思ってたんでしょうかね。ばあちゃんの家までの道順はしっかり覚えてる臭い。急に日が暮れて不安になったんでしょうかねぇ。どちらにしろ荷物重たい。。。

泣き止んでらっしゃいましたが話しが要領得てない為迷子になった理由が良く解らん。


ばあちゃん、同じ団地のお住まいでしたwww我が家の棟とは4ブロック程離れてましたが。
取りあえず怒られても可哀想だし、一応家の前まで送りましたよ。ばあちゃん外まで迎えに出てました。一応『泣いてたんで連れて来ましたんで。これで失礼いたしやす~』と言い捨てて帰ってきました。お礼言われたし。子どもにゃバイバイと手振られて見送られましたし。

家着いたら汗で服がグッショリ…。
しっかし外見優しそうでも無い私に良く助け求める気になったな。この暑さと時間の所為で人通り無かったってのもあったんだろうけど。子どもに好かれるタイプでは決して無い。

人様のご家庭に事だからどーでもいいっちゃーいいけど。
この近辺、日が暮れると人通り殆ど無いし、道は結構暗い。公園ある。死角多い。非常に物騒だと思うんだけど。そこを低学年の子を一人で歩かせてるって結構怖い(爆)私が不審者だったらどーすんだよ…。
  


Posted by ナンパオ  at 17:55

2014年08月31日

「終 戦」

今朝の TV ニュースの中の特集として取り上げていた。

今日は 69回目の 「終戦記念日」 である! 人によっては 「敗戦記念日」 という人たちも複数いる!

原爆記念日と同じ様に日本人として決して忘れてはならない日である! 「8月15日」 と言う日は!
この日を知っていても決して偉い、すごいっ、優秀などではない! 知っていて当たり前、当然であり、常識だからだ!
しかし残念ながら昨今の若者の多くは 「8月15日」 の意味を知らないし全く関心が無い・・・・・

ジャニーズ系、吉本系の芸人、イケメン・美人タレントの名前、曲の名前、三ツ星や二つ星レストランに詳しいことなんかどうでもいいんだよ、そんなくだらねえこと! どこそこのレストランの味はどうのこうのなんか全然知らなくてもいいんだぜ!
このワインの味はどうのこうの、新しいテレビゲームがどうのこうのなんかどうでもいいんだぜ、そんなくっだらねえこと!
そんなことより日本人としてもっと知っておくべき大事なこと、必要な事があるだろう!

中には、「えっ、昔日本とアメリカが戦争したんですか?」 というおバカな大学生が数人いた、とかつてマスコミで読んだことがる・・・・・

69年前の今日は 「悪の帝国」 が滅ぼされ新しい国が生まれた日だろう! あの嫌な、嫌な暗い地獄のような、バカみたいな 「大日本帝国」が滅び去った喜ばしい日だろう! あれでもし 「悪の帝国」 がアメリカに勝って戦争を終えていたらもっと 「軍国主義」、「全体主義」、「軍人超威張り社会」ができあがり 「タレこみ、チクリ」奨励というますますイヤ~な 「大日本帝国」 が幅を利かすぜ! 無実の国民は簡単に軍人や警察にしょっぴかれたり殴られたり・・・・
 
だれかにあの悪の 「大日本帝国」 を滅ぼしてもらわないと・・・・

天皇陛下は神様なんだから陛下が自分の目の前をお通りになられる時は全員深々とお辞儀をして決して顔を上げてはならぬ!
陛下を直接見てはならぬ! というまるでおバカ丸出しの 「軍国教育」! 
陛下の一体どこが 「神様」 だよ!

ちょうどアフリカ奥地のジャングルの真ん中に立っている大きな木の偶像(トーテムポール)を無知な原住民たちが一生懸命崇(あが)め奉(たてまつ)っているのと同じじゃないか。
偶像は神様なんかではないことを十分知っている部族の長老が上手くその神秘性と(でっちあげた)威光をバックに下の者たちをいいように利用する・・・・

「(神である)陛下のため」などとおバカなことを吹き込まれ、信じ込まされてどんどん死なされて行った様に・・・・・

しかし、悪の 「大日本帝国」 を滅ぼしてくれたのがソ連ではなくアメリカだったのが本当に良かった!   日本を占領してくれたのがアメリカでほんとによかった!
亡くなった(死なされた)多くの日本兵にはもちろんお気の毒に思うが、全くの無駄死に、犬死だった・・・・・

まさか僕の孫息子(中一)が将来、「ねえ、日本とアメリカって戦争したことあるの?」 なんて言わないだろうなあ・・・・・  


Posted by ナンパオ  at 17:48

2014年08月29日

中1ギャップ

この記事を読んでいて中1ギャップという言葉に引っかかった。
寡聞にしてそのような言葉は知らなかったので調べてみた。
結論を言うと、その実在性すらに疑問のある概念であることが
分かった。新しい都市伝説にならないことを祈る。

まず、中1ギャップとは何かというと、
ということだそうだ。
具体的にはイジメの増加や不登校の増加という形で
現れるのだそうだが、ここに異論反論がつけられている。
文部科学省国立教育政策研究所が「「中1ギャップ」の真実」
というタイトルで報告を出している。
「「中1 ギャップ」という語に明確な定義はなく、その前提となっている事
実認識(いじめ・不登校の急増)も客観的事実とは言い切れない。」
と明確に疑問を呈している。

私はこの意見に完全な賛成はしないが概ね賛成である。
中1ギャップがあることを前提にして語っている地方教育委員会は
明らかに間違っている。

例えば、北海道教育委員会が「中1ギャップを理解する」という
報告を出しているが、明らかに内部矛盾している。
報告内で、いじめ認知件数が1.7倍に増えると書いているが、
同時に6領域学校環境適応感尺度の非侵害的関係において
小学6年生と中学1年生との間に有意な差が無いと報告している。
非侵害的関係とは、「無視やいじわるなど、拒否的・否定的な
友だち関係がないと感じている程度を示します。」と書いている。
これは明らかにいじめに関わる主観的評定である。
この非侵害的関係に差が無いのにどうしていじめ件数が1.7倍に
跳ね上がるのか。一方では変化なし、一方では急増、これは如何に。
虐められている子以外の人間関係が良好で、いじめにあっている子の
絶対数が少ないというのだろうか。この見立ては不自然である。

この矛盾の原因は簡単で6領域学校環境適応感尺度か認知件数の
いずれか、あるいは両方の妥当性が低いからである。
さらに付け加えるならば、認知件数を疑う方が理に適っている。
なぜならば、小学校と中学校とは別組織であり、いじめ認知の
仕方そのものが違う可能性が高いからである。ただでさえ、
暗数がつきまとう認知件数は信頼できる指標では無い。
つまり、教育政策研究所の言っていることの方が正しい。

出席日数に関しても概ね教育政策研究所の言うとおりである。
本来、間隔尺度以上である欠席日数というデータを登校・不登校という
名義尺度に落とすがゆえに、重要な情報を拾い落してしまっている。
仮に1年間の登校回数が200回だったとすると、
すべて休んだ生徒は200日休んでいることになるが、
ぎりぎり30日不登校の生徒と同じ不登校として扱われることに
なるのである。一言で不登校と言っても欠席数に幅があり
過ぎるのである。これらケースを同じカテゴリに当てはめて
よいものだろうか。また当然のことながら、
29日欠席でも不登校とは扱われない。ほぼ不登校であるのに、
である。中1ギャップというよく分からない原因に飛びつく前に、
出席日数という不登校判断の元となる量的変数に注目しても
よさそうなものなのに。なぜかくも不登校というアーティファクトに
拘泥するのか。生兵法が生み出したオカルトにしか見えない。

厳密に言うと教育政策研究所のやり方にはいろいろとツッコミが
つけられる。例えば、欠席日数に関して、不登校中学生と通常登校
中学生の小学校時代の実質登校数を比較すべきなのに中学になって
不登校になった生徒の小・中学校間比較しかしていない。
もちろん、一貫して小・中学校不登校の生徒が外れ値として働く
というのは分かるし、排除することはやむなしだと思うのだが、
それ以外に関しては比較検討すべきである。雰囲気としては
この分析でも有意な差が出そうである。比較の基本は統制群との
比較である。とりあえず群間比較をしておくべきだと思うのだ。
そうしないと小学校での出席日数に意味があるとは語れないはずである。
いろいろと不満もあるがそれでも教育政策研究所はいい仕事をした
と思う。地方教育委員会は自身の不見識を恥じるべきである。

データが読める人間なんていくらでもいると思うのだが、
行政府には少ないのだろうかな。なぜこんな都市伝説を地方行政府が取り上げるのか。
大よその想像はつく。つまり、概念の実在性という根本的な部分に
対して無頓着なのである。言い方を変えると、ありそうと思うことを勝手に
あるという事実だと思い込むという色眼鏡をかけているということである。

話戻って、最初の教育再生会議の話に戻そう。
とりあえず教育再生実行会議には何の期待もしていない。
座長があの早稲田ですか、と揶揄したくなるくらいに見下げている。
もちろん早稲田大生を見下げているのではない。政商じみた言説を巻きちらす
人間たちにうんざりしているだけである。データを読めない人間を
騙すような真似をしてはいけない。騙される政治家もどうかとは思うが、
腹芸をする政治家は騙されたフリをする。ということは結局、なめられているのは
我々市民なのだろう。
  


Posted by ナンパオ  at 18:10

2014年08月26日

少しウエストが引き締まったかも?

日勤・夜勤明け問わず、週1~3日程度でジムに通ってます。

当初は続かないと思いながらも入会し、時に「雨降っているから」「買物行くから」と、自分の中で適当な理由を付けては行かず。そんなジム通いでしたが、最近身体に変化が出て来たのが切っ掛けで、ジムに通うのが楽しくなって来ました。

一番の変化がウエスト
測ってないので数値化出来ませんが、ここ一ヶ月内でもベルトの穴の位置が変わりました。
周りからも痩せたと言われ、ズボンのサイズも下げられそう。
おまけに何となく姿勢が良くなった気がし、腰痛を覚える頻度も少なくなった気がします。

ハッキリと変化が有ると楽しいですね。

いずれは有酸素運動から脂肪燃焼目的で、近所をジョギング出来れば。と思ってますが・・・やる気次第

ちなみに極端な食事制限はせず、大好きな炭水化物を少しだけ減らした位。

ジムのプログラムは「筋肉つけて脂肪燃焼させる」に添って組んで貰いましたが、特に「ドローイン」と言う体幹トレーニングが一番効果的だったかもしれません。
(何処でも何時でも簡単に出来るので、気になった方はネットで検索してみて下さい。)

体格的に「痩せマッチョ」は無理かもしれませんが、程よくガタイが良い体型を目指したいですね。  


Posted by ナンパオ  at 16:47

2014年08月22日

構造が変化していく?

体を動かして遊び、
遊びの中から、生きる『術』を自ずと身に付けていく・・・

・・・という過程を得て一人前の人間になった・・・のは、古代の生活様式


近代化・・・

・・・そして現代、

ネットワークの網羅で体を動かす事無く
指先だけで、生活の殆どが賄えてしまう・・・
なんて時代に変化してきているのかも知れない

最初に現れてくるのが、運動能力の退行・・・なのかな?

その実、精神的には、柔軟性の欠落した、
「デジタル脳」化した人間・・・だったりするのか?

左に或る一つの点・・・、
そして
右に或るもう一つの点・・・
この二点には必ず中間点・・・がある。
その中間点と一方の点・・・の間にも「中間点」が存在する。

何処まで言っても、「中間点」の消える事は無い。

エンドレス・・・。
無限に続くエンドレス。
それをデジタル化人間は、理解できないのだろうか?
それとも、私が理解できないだけ・・・か?

実際の生活では「1」と「0」で割り切れるものが多いほど、
解りやすいし生活しやすいのかも知れない。
問題が起こらない限り・・・それでいいのだろう。
味気ないけどな。

問題が起こってもデジタル思考で解決できる場合、
それは問題にならない。解決してしまうのだから・・・。

虹の色は七色・・・と認識されている。
眼に見える限り七色・・・と弁別できる。
しかし、
七色の境界線を「直線で明確」に区分けできるのか?
私には、出来ない。
「出来る」という知人が居た。

そしてその分け方を見せてくれた。
私には、色の混じり合う中間に「直線」を
引いただけ・・・のように観えた。
私の眼には「色の境界線」が
隣り合う色の混じった「暈し領域」と観えるだけで、
「直線」で分けられなかった・・・。

私に認識能力が無いだけ・・・なのか、
知人に、「ぼやけた領域」を認識する能力が無かっただけなのか、

知人は若くして他界してしまったので、
確かめ様が無い。

此のニュースを読んでいて、
時代の変化とともに、肉体的変化も、
精神的変化も、いっそう激しくなっていくのかも知れない・・・
・・・という怖れを感じている。

それを進化・・・と呼ぶのか、退化・・・と呼ぶのか、
個人の「好み」・・・か?
時代の変化が速すぎているのかも知れない。

情感の波長を放つ人々は あちこちに居る。
そういう人に出会うとき、
「温もり」を感じる・・・。
「心地よい」と感じる一瞬であり
「美しい」と感じる一瞬でもある・・・。

  


Posted by ナンパオ  at 12:37

2014年08月22日

第三者には解らない事・・・ですが

・・・男女の事は第三者には解らない部分が極めて多い。
なので、この件に関して「(何となく無責任に)感じた事」を記したみた。

此の記事を読んで感じるのは、

『結婚=籍を入れ法律上の夫婦になる』というプロセスに
強い拘りを持っている女性ではないのか・・・

・・・ということ。
この人の本質的生き方(生き様)は、たぶん、もっと「男女の差ない自由な生き方」を
求め実践していくタイプ・・・の様な気がする。その事を本人が本当に理解しているのか解らないが、そういう「自由な生き方」から生じてくる軋轢が忍耐出来なくなる程強く大きくなっていった・・・という気がしてならない。

結婚という柵に拘らない「男女の生き方」を実践できるなら、
幸せな人生を送るタイプの様な気もしている。
一つ、相手の男性も、同じように「結婚という形式に拘らない人」という条件付きになるが・・・。   


Posted by ナンパオ  at 12:35

2014年08月21日

外れ値入れた平均値に意味があるのかね??

時事通信社には、統計学的なセンスがある人が、存在しない。

相続でたまたま収入が増加した鳩山氏という存在がわかっていながら、「平均値が増加」ということに、全く意味がないどころか、世論をミスリードする危険の方が大きいということを、理解できない人しかいないところに、この通信社の存在自体が、社会悪である理由がある。

情報は、それを適切に扱うことのできる人を経ないと、返って判断を誤らせる。

この場合、外れ値を除いて平均値をとるか、中央値を求めて代表地とするのが正しい。

こんなマスコミが堂々と経営して、間違った情報で世論を惑わすから、この国は判断を誤り続けるのだろう。

そうすることで存在意義を主張するというのは。。。まともな日本人にはできないことだと思っていたのだが、そうでもないということか。

・・・あ、そういえば、道路族が道路を通すときのユーザーの推定は、事業が黒字になるように数字合わせをしていたんだったか。。。今はそんなこと、すぐばれて非難されるから無理なんだろうけど。

ということは、この会社は、あの頃の霞が関の体質を、いまだに体現しているということか。
・・・ひょっとして、天下り先なのか、とおもったりする。

単なる一般人の推測にすぎないので、念のため。   


Posted by ナンパオ  at 16:47

2014年08月19日

日本代表応援しま宣言

日本代表を妄信して応援することが絶対的正義なのだろうか。
そんなに日本代表を批判することは悪いことだろうか。
少なくとも、上の2つの記事では、
後者の記事のほうが説得力があるし、日本代表に対する愛情も感じる。

ここまでの2戦の結果を受けて、手のひらを返して批判し始めるのは確かにどうかと思う。
しかし、セルジオ越後氏の問題意識の本質はここではないだろう。

最近、日本代表選手や日本のスポーツマスコミが多用する「自分たちのサッカー」。
「自分たちのサッカー」さえできれば、勝てたのに。
負けた試合は「自分たちのサッカー」ではない。
と言っているように聞こえる。

負けた試合を「自分たちのサッカー」ではないと切り捨て、目を逸らしていていいのか。
無様に負けた試合も「自分たちのサッカー」。
それを真摯に受け止め、敗因を探り、課題を見つけ、次に活かす姿勢こそ必要だ。

いいところだけに目をやり、褒め称え、耳をそばだてる。
悪いところには目を背け、口をつぐみ、耳をふさぐ。
これが日本代表選手を真に応援することなのか。

マスコミに甘やかされて、ちっとも選手が大成しない某球団の黒歴史を、阪神ファンはよく知っている。

日本代表のキャンプ地、イトゥっていうのもどうだったのか。
イトゥという街を悪く言うつもりは毛頭ない。
しかし、予選3試合の全会場から遠すぎ。涼しすぎ。
11日間の総往復距離は「成田-ロンドン」より長い1万1512キロ。って。
猿岩石のユーラシア大陸横断ヒッチハイクに匹敵。
試合会場が高温多湿になるのはわかっていたはずなのに、
涼しくて快適な場所をキャンプ地にしてたら、試合で足が止まる。
シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんも、
過酷なアメリカの高地でトレーニングしていた。
おまけに、もともと高級な宿舎に、特注でバスタブに卓球台?
「本番を前に、本田と長友が対決!(卓球で)」って、
マスコミが電波を使って伝えるべきことか。

日本代表の予選の勝敗予想で口々に「2勝以上」と言っていた解説者たちの責任も重い。
予想が外れたから。とか、過度に期待させたから。ではない。
解説者を名乗りながら、全く不公正で無責任な解説を繰り返したからだ。
サッカーに疎い人のために、冷静で公正で客観的な解説をすべきだろう。
元日本代表ゆえに、日本代表びいきのおべんちゃらしか言えないのなら、
「解説者」の看板は即刻下ろすべきだ。

ところで、私は25日の試合では、コートジボワール代表に勝ってほしいし、
そもそも、15日の日本対コートジワール戦でも、コートジボワール代表を内心応援していた。

「この売国奴」と私をののしる前に、転載した以下の記事をご覧いただきたい。

コートジボワールとはフランス語で象牙海岸を意味する
15世紀にヨーロッパ人が、この地から象牙を輸送した

1960年、フランスから独立
マリなどの北の隣国からカカオ農園の為、
出稼ぎのため大勢 移民が流れ込んだ

北側の民族が増えるにしたがって南側の民族と衝突
2000年ごろ、南北各地の軍人が給与を払わない政府に抵抗、
北の反政府が武装蜂起したことをキッカケに南北の対立が一気に拡大
国を真っ二つに分けた内戦は10年近く続いた
民族が違うだけの理由で殺人、放火、略奪が行われ、一般市民が多数死傷
女性や子供を中心に約2万人の難民が発生した   


Posted by ナンパオ  at 17:16